子供を早起きさせるたった一つの仕込み【12日目】

歴史研究者のはしくれMICHIZANEです。

新6年生になり、前々回の手法で私も毎日朝6時半、娘のKOMACHIと一緒に起きています。

親が早起きするためのたった1つの方法【10日目】

親がやることは朝ごはんの用意をし、前日の夜にやった『中学入試でる順漢字3500(→amazon)』で間違ったものを1か月後の日記(グーグルカレンダー)に、復習用として記載します。

その間、KOMACHIは、四谷の計算問題集を1頁、「2度とき法」(こんど詳述します)で解きます。

で、朝ごはんを食べながら、漢字を5~6問や理科・社会のSAPIXコアプラスから問題をだして、指でテーブルにかかせる、ながら口頭試問です。

多くの受験生親にとっては、自分が起きることよりも、子供を起こすことが大変という人も多いと思います。

この解決法としては

◆充分な睡眠を確保する

に限ります。

5年生後半や6年生ともなると、なかなかそうもいってられないと思いますが、なにより脳科学的に「睡眠は学習に重要」とわかっているわけです。

問題のノルマをこなすため夜更かしさせるより、なるべく早く寝かせて、早く起こさせるという「時間ノルマ」を徹底させるべきでしょう。

KOMACHIの場合は、5年生になるまでは8時台に寝ていました。そのため、早起き習慣がつきました。

ですので、新4年生で受験を始める方は、いきなり夜更かしはさせず、まずは早起き習慣をつけるためその子が寝たい時間に寝させ、就寝時間の規則化をオススメします。

いまKOMACHIは午後10時半に寝ますが、我が家では10時半に布団へ入れるため、10時20分ですべて打ち切り、とにかく猛ダッシュで歯磨きやトイレまで「早くねなさい」と煽ってます。

ここでだらだらと本を読んだり、話をしたりすると11時になり、朝6時半に起きるのがきつくなり、無理やりおこしても30分あたまがぼーっとしてムダになってしまう。

締めるべきところだけ締めておくことで、かなり効率は変わってくるでしょう。

【きょうの朝ごはん問題】

※SAPIX理科コアプラスより

【問】流水の3作用を答えなさい



【答】
・しん食作用
・運ぱん作用
・たい積作用

みなさん、覚えていましたか?

どうして地理は社会じゃなくて「理科」なのでしょう。大学受験では文系ですけど……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA