新6年第1週目 さっそく理科の滑車でつまずいた【9日目】

定滑車と動滑車って算数じゃないの?

こんばんは。

歴史研究者のはしくれMICHIZANEです。

四谷大塚では今週末に新6年生初の週テストがありました。

つまり2月9日~16日が第一週目ということですが、さっそくつまずきました。

理科の「滑車」です。

私も『エレベーターで使っているんだろうなぁ……』ぐらいのことは見当つきますが、滑車の数が増えるほど引っ張る力が半分ずつになっていくとか、30年以上忘れていた知識です。

中学受験では「定滑車と動滑車」から始まって、「滑車の重さを考えない、考える」などの組み合わせで、難易度がかわっていきます。

これ算数じゃないの?と思うのですが、理科です。

理科だとなにが問題かというと【算数・国語>越えられない壁>理科・社会】という、試験での配点割合がありますので、どうしても教えるほうも、短い時間で詰め込むことになります。

 

算数・国語>越えられない壁>理科・社会

小町も今週、四谷のネット授業を見ていても、この滑車がすっきり理解できない様子。

「なにが分からない?」と、問題を見ても、私だってサッパリ分からない。

ということで「どらえもーん」と、近所の本屋に駆け込みました。

ところが、やはり【算数・国語>越えられない壁>理科・社会】なので、理科の教材は少ない。

とくに単元ごとに充分な解説と問題量となるとなおさらです。

それでもいいのを見つけました。

購入したのは3冊、いずれも文英堂でした。

『受験理科の裏ワザテクニック」(→amazon

 

『受験理科の裏ワザテクニックWチェック問題集』(→amazon

 

シグマベスト『中学入試 最高水準問題集 理科』(→amazon

しめて3,000円くらいです。

「受験理科の裏ワザテクニック」を小町が読んでいると、「えーっ、四谷で言っていなかった!」と声をあげました。

以下の2点です。

・おもりの重さW1g、人が支える力W2g、天井に加わる力W3gとしたとき、W3g=W1g+W2gとなる。

 

・動滑車を逆さまに使用した場合、その性質もまったく逆となり、力2倍、距離2分の1となります。

「これ読んでいたら問題とけた」と言っていたくらい重要な点なので、購入して正解でした。

特に前者は、大人からすると超当たり前なのですけど、一度「公式」として知っていると知らないのでは大違いなのでしょうね。

問題は1週間後、1か月後、2か月後も同様に解けるよう、グーグルカレンダーに予定チェックをいれておきました。

SAPIXスパイラル方式をグーグルカレンダーで管理【4日目】

このウラワザは理科で3つあります。

生物や電気などは別の巻です。全巻そろえることになるのか、買わなくてすむか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA